単身者撲滅委員会~同棲ブログ~

同棲カップルの日常から同棲の良さを実体験を元に伝えます。『1人より2人』が何よりも楽しい!

「同棲中の2人の時間の見つけ方」

同棲を始めたら離れていた頃に比べて格段と一緒にいられる時間は長くなります。

しかし、現代社会においては共働きが多く、仕事の時間が合わずすれ違いが多いカップルが多いのではないでしょうか。

私たちも共働きで、職場も違うためすれ違いが多く発生しています。

そんな共働きの方々の、『同棲中の2人の時間の見つけ方』についてご紹介していきます。

 

 

お互いの仕事のシフトを見せ合う

仕事をして給料を貰わないと生きていけません。その為、毎月の仕事のスケジュールをお互いで把握しておくことが重要です。

私たちは、毎月の仕事のシフトが分かったら、冷蔵庫にお互いのシフトを貼り付け、スケジュールを管理しています。急な仕事が発生した際は都度報告し合っています。

f:id:cheerfuldays:20190220073804j:image

 

お互いの休みの日を共有する

休みが土日の方や平日の方など人それぞれ違います。どちらかの休みに合わせられれば1番理想的です。しかし、仕事の事情にもより全く同じ休みになる事は難しいです。

私たちの場合は、

  • かずのこ→火、金休み
  • ちび→不定

と言う具合に休みが会う日は、月によってバラバラです。なので、来月のシフトが明確になり次第共有しています。

※チビの職場では、店長が優しく、月に一回は絶対共通の休みが作れるように融通までしてくれています。(笑) 

職場の場所と時間帯について

職場の場所が遠い場合は家を早く出る必要があります。更に仕事の時間帯がお互い違っていると、休みの日が違う場合と同様に、すれ違いが発生していきます。更に、夜勤の勤務がある場合は、より休みの日の日程を共有して2人の時間が作れるようにしていきたいですね。

 

私たちの場合は、かずのこの職場異動に伴い今回引越しを行い、ちびは関東に引越したばかりで家から通える範囲で仕事を探した為、

  • かずのこ→自転車で20分
  • チビ→バスで20分

という具合に職場の立地には恵まれています。

しかし、時間については

  • かずのこ→8時~17時、14時~23時
  • チビ→10時~19時

時間帯はそれぞれバラバラです。基本的な生活リズムについては合わせるようにしていますが、事前にお互いのスケジュールを把握して、起きる時間や寝る時間も共有しています。

 

生活リズムに合わせた役割分担

お互いの仕事の休みや時間のすれ違いによって家事をする分担も変わってきます。

  • ゴミ出し
  • 掃除
  • 炊事
  • 洗濯

などなど、細かく分類していったら、数え切れません。特にゴミ出しなどは、地域によって出す日が決まっているので、どちらがゴミ出しするかなどを予め決めておく必要があります。

「急な仕事で家に帰れなくなった」など突如出来なくなる事もあります。

普段は女性が炊事を担当していても「今日は、俺の方が早く帰ってこれるからご飯作っておくよ」など、2人でコミュニケーションをとりながら役割を決めておくと同棲生活がより良いものになります。

 

私たちの場合は

  • ゴミ出し→かずのこ
  • 部屋の掃除→2人のどちらか休みの日に
  • トイレ掃除→かずのこ
  • 炊事→ちび
  • 洗濯→2人のどちらか

といった具合で、役割を分担しています。しかし、私のほうが早く帰れる日は炊事をしたり、ゴミ出しの日にちびの方が早い日はゴミ出ししておいてくれたり、2人でフォローし合って生活しています。

どちらかが全てやると負担が大きく、徐々にイライラに変わり、同棲生活がうまくいかないものです。

協力する事が一番大切です。

 

2人の時間をしっかり作る

「一緒に生活してるし、寝顔はいつも見てるから大丈夫!」なんて思わず、2人の仕事のスケジュールを照らし合わせた上で、2人の時間を確保しましょう。『毎日少しでも仕事の事や些細な出来事も会話をする。』『2人で家で大掃除する』『2人でDVDを借りて一緒に見る』そんな些細な事で構いません。2人で共有できる時間を毎日少しでもいいので作る事が大切です。

 

私たちは仕事の休みや時間がすれ違うことは多いですが、しっかり毎日のように録画してあるドラマをみたり、一緒にスーパーにいったり、日々の日常から『2人で過ごせる時間を大切にしています。』

 

日程を決めて2人で出掛けるルールを決めておく

同棲を始めると、いつも当たり前のように一緒にいるせいか、2人で外出する機会は多いようで近場の用事を済ます事だけに留まり、お出掛けをするというデートのような機会が減るように思えます。勿論今後の生活の事を考えた上で、節約したいという気持ちはあります。しかし、せっかく2人で過ごせる時間が少しでもあるのであれば是非

『1ヶ月に1回は必ずデートする!』

など2人で決め、いつもの生活とは少し違う時間を作ってみてください。

毎日職場と家の往復でストレスも溜まります。

頑張ってきた自分たちへの月1回のご褒美があればまた明日から頑張ろうと思えます。

 

私たちは『月に1度お出かけをすると同時に、二人の趣味の御朱印帳を貰いに行く』という楽しみがあります。

 

まとめ

同棲生活をしているからといって、2人が常に一緒にいられる訳ではありません。

是非日々の生活で、2人でいられる時間を決めてよく話し合ってください。

きっと『2人にとって大切な時間になります。』

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。