単身者撲滅委員会~同棲ブログ~

同棲カップルの日常から同棲の良さを実体験を元に伝えます。『1人より2人』が何よりも楽しい!

「2人の休日」

こんにちは。

少しずつ暖かくなり、過ごしやすくなってきましたね。

昨日は、大阪に行って以来、チビと久々に休みが重なった時のお話です。

 

 

休みの日の前日

先日からチビが「銀行の通帳の磁気がおかしくなっているのか使えない…。」と言っていたので、

「じゃあ銀行に行ってから、せっかく二人とも休みだし、都内に出て買い物でもしようか!」そんな話をして、10時起床を目標に寝ることに。

select.mamastar.jp

寝坊から始まる1日

久々の一緒の休みの日!!!

しかし、朝から雲行きが怪しくなります。

なんと

「目が覚めて時計を見たら昼の13時!!!」

 

何度も眠い目を擦って確認しましたが、時計の時刻は

 

「13時!!!!」

 

トイレに行って、タバコに火をつけ、もう一度時計を見かえしても

 

「13時!!!!!」

 

私は1度目が覚めていましたが、まだ早いから大丈夫!と思ってまた眠ってしまっていたようです。(笑)

 

そして我に返り、ちびを即座に起こし、

 

「15時までに銀行行かないと窓口閉まっちゃう!!」

 

必死に起こしました!

チビは冷静で、眠い目を擦りながら

 

「あ、もう今日銀行無理やん.......。」

 

そう、諦めていました。

 

窓口が閉まるまであと2時間近く時間があったので、行けなくはなかったのですが、2人とも休みのテンションで、急いで準備して出掛ける気が起きなかった為、諦めました。

 

まだ諦めるのは早かった。銀行は変わっていた!

2人で今日1日の反省会を行うか如く、テンションは落ちていて出掛ける気力さえ失っていました。

お腹が空いてきたので、気を取り直してお昼ご飯を食べることに。

しかし、ここで転機が!

1番家から近い銀行の場所を詳しく把握ていなかったので、携帯で調べていたら、そこにはなんと

 

『営業時間17時まで』

 

一瞬目を疑いました。私たちの認識では、銀行の窓口の営業時間は15時までだと思っていた為です。

 

manesetsu.jp

 

時代は変わっていたのですね。あまりにも窓口に用事が無かったので、全然分かっていませんでした。(笑)

 

「まだ、銀行間に合う!行こう!」

チビは静かに頷き、お昼を食べてから、準備をして銀行へ向かいました。

 

出発

家から最寄り駅までチャリで約10分。

無事銀行にたどり着きました。華の金曜日でしたが、銀行は落ち着いていた為、すぐに手続きを終えることが出来ました。

 

元々は、都内へ出て買い物などしたりフラフラすることを考えていましたが、時刻はすでに16時を回っていた為、遠出するのをやめて、今回は近場にある大型ショッピングモールで過ごす事に。

 

越谷レイクタウン

埼玉県民は皆さんご存知の越谷レイクタウンへ行くことにしました。

skyticket.jp

ショップも多く入っていてオススメです。敷地も広大で、1日で全てのお店を回るのは困難なくらい、沢山のお店が並んでいます。

そして、私は雑貨を見るのが大好きなので、雑貨屋さんが多く入っていてとても重宝しています。

www.tripadvisor.jp

 

一通り行きたかったお店に寄ることが出来ました。そして、気付けば、時刻は19時を回っていました。家に帰ってご飯を食べるつもりでいましたが、面倒くさくなり、食べていくことに。

 

美味しいお店を見つけたよ

敷地が広大な為、食べるところも無数にあります。普段から、自炊がメインなので、あまり家で食べないものを!という事で海鮮屋さんに行きました。

ご飯が届く前までは、

「足りなかったら家で何か食べよう」

などと話していました。

 

私は海鮮ちらしを!

f:id:cheerfuldays:20190223124730j:image

チビは天ぷらを!

f:id:cheerfuldays:20190223065515j:image

それぞれ注文して頼みました。

 

料理が届いてみると、ボリューム満点で、お腹いっぱいになり動けないくらいでした。(笑)

またレイクタウンに立ち寄った際には、食べに行きたいと思います。

tabelog.com

 

帰宅へ

お腹も満たされ、帰ることに。

沢山食べすぎた事もあり、睡魔に襲われ半分寝ていました。(笑)

 

まとめ

久々に休みが重なり、寝坊はしましたが(笑)、まったりとした楽しい休日を過ごすことが出来ました。また明日から仕事を頑張れそうです!!

皆さんも是非休日は、お出掛けしてリフレッシュしてみてください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。