単身者撲滅委員会~同棲ブログ~

同棲カップルの日常から同棲の良さを実体験を元に伝えます。『1人より2人』が何よりも楽しい!

JANコードの必要性と意味についてあらゆる角度から考察する

JANコードとは

Japan Article Numberコードの略。流通の中で,商品を識別するための共通のコードとして広く利用されている。国際的にはEAN(European Article Number)コードと呼ばれ,アメリカ,カナダにおけるUPC(Universal Product Code)とも互換性のある国際的な共通商品コードである。日本では一般財団法人流通システム開発センターが管理している。JANコードには13桁の標準タイプと,8桁の短縮タイプの2種類がある。

f:id:cheerfuldays:20190313232044j:plain


 
世の中の販売されているありとあらゆる商品は、この『JANコード』と呼ばれる商品コードによって管理されている。
この商品コードがある事により、商品価値が管理されている。
コンビニやSHOPに行き、「そのままでいいです。」と言ったあとに店員から「では、シール貼っておきますね。」と言われ、JANコードという名のバーコードにシールを何気なく貼られる。
そのような経験は誰もがあるだろう。
f:id:cheerfuldays:20190313211731j:image
そのバーコードの上に、シールを貼る意味は果たしてあるのだろうか。ピンポイントにバーコード位置に貼ることにどんないい事が待っているのだろうか。
f:id:cheerfuldays:20190313212016j:image
「この人ちゃんと買ったよ」そう伝えたいのであれば、このように商品のどこに貼っても問題ないのではないか。
f:id:cheerfuldays:20190313212233j:image
しっかりとお会計を済ませ、資源を大切にする為に「袋は要らない、そのままでいい」そんな地球環境を大切にしている素敵な人へのシールは、ましてや1つでなくても感謝の気持ちを込めて、2つでもどこでも問題ないのではないか。
f:id:cheerfuldays:20190313212403j:image
これ以上やると、Google先生にきっと怒られてしまうので話題を戻そうと思う。
 
 
以前LOFTで、ペンを購入した際シールを取りやすいようにシールの先をあえて丸めて渡してくれた店員さんがいた。
f:id:cheerfuldays:20190313212806j:image
初めはその店員は、「もしかしたら俺に気があるのか?」そう思った。
いや、きっとそうだったであろう。
しかし、LINEや連絡先は未来永劫渡されることは無かった。
 
「きっとシャイだったんだろう」
 
その時もバーコードの上にシールが貼られていた。
バーコードとシールの関係性が俄然気になってきた。
 
もしかしたら、バーコードには粘着性があり、「ここにシールが貼られたら私は一生離れません」そんな機能がついているのかもしれない。
私は気付いてしまった。
あの線の間にある空白は、糊の一部なのではないかと。
 
しかし、いくら触っても糊の形状はない。
f:id:cheerfuldays:20190313225024j:image
まだ残念ながら世の中は、私の思い描く思想まで至っていないようだ。
 
 
そこで バーコードの上にお買い上げシールを貼る意味についてちゃんと調べたところ、もう一度レジでお会計する事を防ぐために貼っているそうだ。
なかなか理にかなっていた。
無駄なところに貼るよりもよっぽどいい。

f:id:cheerfuldays:20190313212403j:plain

こんな事をする店員がいたらすぐにその場で注意をする事にしよう。
 
 
バーコードについて調べれば調べるほど、縦の意味が解らない。
検索しても検索しても全てバーコードは縦の模様のみ。
調べすぎて行き着いた先は

matome.naver.jp

よく考えたらハゲはバーコードからきていた。

f:id:cheerfuldays:20190313231250j:plain

もうバーコードは思い出せない。

気付けばバーコードハゲの事ばかり考えてしまう。

ハゲの事で頭がいっぱいだ。

バーコードの頭の人には誰も触れたりしない。

手ではない、言葉でもだ。

しかし、商品のバーコードには必ずシールを貼る。

バーコードハゲの頭の人にも気軽に触れられる世の中になってほしいものだ。

 

結論

JANコードという名のバーコードは触れてよし、バーコードハゲには優しくしろ。

 

以上

 

 

はてなキーワードに乗っかって見ました)

d.hatena.ne.jp

はてなにはまだまだ色々知らない機能があって興味深い!

今日も私の駄作に付き合ってくれてありがとう。